結婚や出産率を上昇させる方法

日本の好景気は終わってしまい、収入が減って苦しむ人が増えてしまいました。
もし結婚をしたとしても、子供は1人しか作らない夫婦が増えてきています。
男女2人につき1人しか産まない計算だと、将来的には日本人が0人になってしまいます。
子供を多く作らない主な原因として、日本の不景気があります。
今では働こうと思っても中々就職先が見つからず、割に合わない非正規雇用やバイトばかり多くて、正社員になるのにも一苦労です。
もし正社員になったとしても、子供を2人以上育てるだけの収入が無く、1人で妥協してしまう夫婦が多いです。
出来たら兄弟がいた方がいい、2人以上欲しかったと思いつつ、金銭面を考えて1人にしてしまう夫婦も多く、国は対策を取らなければなりません。
子供を1人だけにする夫婦の問題の他、結婚も出来ない男女も多く居ます。
女性の場合はやはり20代のうちに結婚をした方がいいとされています。
それは男性が女性を一番魅力的だと感じる年齢、出産をするのに20代が一番適しているからです。
女性は20代が勝負時ですし、その時期を過ぎてしまうと結婚が難しくなってしまいます。
逆に男性の場合だと、やはり結婚出来るのが年収が高い人です。
結婚をすると生活費、子供の教育費を払わなければならないので、年収が低い男性は敬遠されがちになります。
難しいのが、年収が低い男性や、結婚適齢期を過ぎてしまった女性の結婚問題です。
国はしっかりそのような状態になってしまった男女について金銭的なサポートをすべきだし、出会いの場を作る事が肝心です。
今では結婚相談所なんて施設が存在し、インターネット上にも多く見かけられるようになりました。
少子化対策、結婚できない男女の対策に国をあげて支援する事が、もう一度日本が元気になる方法でもあるし、子供が増えると働き手やお金を使う人が増えて経済も活性化していきます。
経済が活性化すると結婚をして子供を2人以上作る夫婦も増えます。

Comments are closed.